妊娠線は消えない┃予防するには保湿クリームで

女性

低刺激なファンデーション

メイク

ミネラルファンデーションを購入する際はご自分の肌質に合った商品を選ぶ事が大切です。また、時間の経過による色の変化があるのでタッチアップやサンプルを試してからの購入がおすすめです。肌に優しい、クレンジング不要、美肌効果など様々なメリットがありますから万人におすすめです。

もっと読む

肌を落ち着かせる為に

レディー

基礎化粧品を塗り過ぎていたりすると乾燥を促してしまい逆効果の場合があります。乾燥肌を少しでも改善したいのであれば、塗り過ぎには注意をしましょう。スキンケアを続けても改善されない場合、シンプルなケアに切り替えて肌を休ませることも大切です。

もっと読む

きれいなお腹を死守しよう

美容クリーム

毎日の保湿ケアが重要

辛いつわりの時期が終わってお腹が大きくなり始めると気になるのが妊娠線です。赤ちゃんの成長とともに急激にお腹は大きくなり、お腹の皮膚は強く引っ張られます。やがて肉割れの線が発生し、これが妊娠線といわれます。妊娠線は一度できると消すことがとても難しいので予防することが重要です。また、お腹だけでなくお尻や太もも、胸など妊娠によって大きくサイズアップする部位にもできやすいので注意しましょう。妊娠線を予防するにはしっかりと肌を保湿することが大切です。肌が潤って柔らかくなると引っ張られても肉割れしにくくなります。妊娠線予防専用のクリームはいろいろなメーカーから販売されているので毎日忘れずにケアするようにしましょう。

デリケートな肌にも安心

妊娠線予防専用のクリームは肌に優しく保湿効果が高いのが特徴です。妊娠中には肌が敏感になることが多く、いつも使っていた化粧品が合わなくなる人も多いものです。また、皮膚が引っ張られることによって肌にかゆみなどのトラブルが現れることがあります。専用のクリームなら敏感な肌にも安心して使うことができ、不快な症状も和らげてくれます。妊娠線予防クリームを効果的に使いたければ朝晩2回使用するのがおすすめです。特に赤ちゃんが急激に大きくなる妊娠後期は1日1回のケアでは足りないことが多いようです。十分に保湿してきれいなお腹をキープするようにしましょう。朝はサラッとしたクリーム、夜はリッチな使い心地のクリームというように使い分けるのもおすすめです。

目的を間違えない事

化粧品

乾燥肌の人が化粧水を選ぶ場合は、保湿目的のものを最優先にすると良いです。また、お肌に刺激を与えやすい成分が配合されていないか、事前に確認の上化粧水を購入するようにしましょう。事前にテスターなどで試しておく事も大事です。

もっと読む